こんにちは☀️
春らしい晴天が続いていたと思ったら、近頃は肌寒くなったり雨が降ったりしていますね☔️
みなさん体調には十分に気を付けてお過ごしください😊

さて、4月8日(木)の練習ブログです。

今回は1名、2ndヴァイオリンの体験に来てくださいました🎻
また、練習のエキストラとしてチェロの方とビオラの先生にもお手伝いいただきました。

前回同様、メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」の練習です。
1〜4楽章を、インテンポで通した後に、各楽章ごとに気になるところをピックアップして練習をしました。


1楽章:
どうしても出だしがぐちゃぐちゃになってしまいますね😅
フルート、ホルン、クラリネットの八分音符は大変そうですが、、最初からスピードよく吹けるように頑張ってください😆!
pが長く続くとだんだん音量が勝手に盛り上がってしまうので、各楽器、楽譜の強弱記号を忠実に守って、盛り上がるべきところで音量の変化をつけられるようにしましょう🎼

2楽章:
チェロバスの八分音符は小さく、ただし音は硬く弾くようにしてください♪
付点四分音符が次の八分音符とセットにならないように!
付点八分音符は終わりの音です☝️

前奏のメロディーは、ガツガツ弾くのではなく、鼻歌の強いバージョンのような音色で演奏しましょう🌷

3楽章:
弦楽器の八分音符の動きは、1拍目がわかるような弾き方をして、全体的にテンポが遅くなっ
ていかないようにしたいですね🤔
t.77〜のリピートの後、t.92〜トランペットが出た後に弦楽器が入れない事が多々あります😂
リピートの数え間違いをしないようにすることと、トランペットが出たら出番だ!ということを覚えて、きちんと弾けるようにしておきましょう🙌✨

4楽章:
ffとfの差を明確につけるようにしましょう🎻
t.51の一拍目はフレーズの終わりの音です。フレージングを感じながら演奏しましょう。
t.85の管楽器、アクセントの音は、終わりの音を抜くように、ただし付点の音が縮まなように気を付けて演奏してください♩
t.239〜の管楽器のアーフタクトが遅れてしまうので少し早めに入るつもりで、遅れないようにしましょう📯


次回は、いよいよイタリアの動画撮影です!
撮影後の余った時間でドヴォルザーク交響曲8番の初見大会も実施するので、楽譜を目で追えるようにご準備をお願いします🤗🎼


トレーナー  片山♪

次回の練習は4月15日(木)の予定です。
・メンデルスゾーン:交響曲第4番「イタリア」動画撮影。
・ドヴォルザーク:交響曲8番の初見大会。